086-525-0018

〒710-0253
岡山県倉敷市新倉敷駅前3-3

内科・糖尿病科・循環器科・泌尿器科
在宅療養支援診療所

岡山県 泌尿器科 倉敷市 ED 尿失禁 排尿障害 男性不妊症 玉島

ホームクリニックのご紹介診療のご案内医師のご紹介交通案内

泌尿器の病気

活動報告
まび記念病院
HOME»  泌尿器の病気

泌尿器科のご案内

泌尿器科のご案内

泌尿器科とは、尿路(おしっこの通り道)および男性生殖器(性路:精液の通り道)を主に扱う診療科です。
扱う臓器は副腎(ステロイドホルモンを産生)、腎、尿管、膀胱、前立腺、陰茎、尿道、精巣などがあります。
外科的治療と内科的治療とを駆使して尿路系、男性生殖器系、内分泌系の病気を治療します。
具体的にはお子さんのおねしょ(夜尿症)から、ご高齢者の排尿障害や尿もれ(失禁)、男性性機能障害(勃起障害:ED)、性感染症(STD)などがあります。

泌尿器科を受診するのは「恥ずかしい」、「相談しにくい」、「どんな診察をされるのか不安だ」などと、お悩みの方も多数おられると思われます。
当クリニックでは、泌尿器科専門医が診察、検査にもとづいた分かりやすい説明(インフォームドコンセント)を心がけています。
特に下半身の診察が必要な場合などは、どうして診察が必要なのかを説明してから診させていただきますので、ご安心ください。
ちょっとした症状でも早期発見・早期治療が日々の健康維持に大切ですので、安心して、お気軽にご相談ください。

泌尿器科疾患のおもな症状

排尿に関する症状(男女共通)

排尿困難 おしっこがでにくい(出はじめまでに時間がかかる)、切れが悪い(出おわるのに時間がかかる)
残尿感 おしっこが残った感じがする
夜間頻尿 夜おしっこに起きる回数が多くなった
尿意切迫感 おしっこががまんできない
尿失禁 おしっこがもれてしまう
頻尿 おしっこが近くてこまる
排尿痛 おしっこするときに痛い
血尿 おしっこが赤い

男性生殖器に関する症状

血精液症 精液が赤い
排膿 尿道からうみ(膿)分泌物が出る
会陰部不快感 下腹部、ソ径部、会陰部が重苦しい
陰嚢部痛・腫脹 陰嚢(精巣)が痛い、はれる
勃起障害:ED 性行為に自信がなくなってきた

こんな症状も泌尿器科の病気に関係します

尿路結石、前立腺がん骨転移など 腰が痛い、側腹部・下腹部が痛い
腎盂腎炎、精巣上体炎など 発熱

尿失禁

尿失禁とは、自分の意思とは関係無く尿をもらしてしまう病気です。
高齢の女性に多い病気ですが、出産を経験した女性など若い方でも尿失禁の経験のある方は多いです。

尿失禁の症状

■笑った時やくしゃみをした時など、お腹に力が入ると尿がもれてしまう
■尿意を感じた時に、トイレまで我慢できずにもれてしまう
■尿意が無いのに、気が付いたらもれてしまっている
■少しずつ尿がもれてしまう

尿失禁の治療

症状によって治療法は変わりますが、尿意をコントロールするトレーニング(骨盤底筋体操)をしたり、薬物療法によって治療を行います。
薬物療法で効果が無い時は、外科的療法も考慮します。

男性更年期障害

更年期障害というと、女性に特有のものだと考えられがちですが、男性ホルモンが減少することで、男性も女性と同じように更年期障害の症状が表れます。
主に40~60代の男性に多く見られます。

男性更年期障害の症状

■性欲の低下
■体力の低下
■なんとなく体がだるい
■イライラする
■常に不安感がある
■集中できない

男性更年期障害の治療

男性更年期障害の治療には、一般的にはホルモン補充療法(男性ホルモンを注射で補充する)を行います。
また、心理的な症状もありますので、カウンセリングなどを行いストレスを解消させることも大切です。

勃起障害:ED

勃起障害:EDは、性交時に充分に勃起しないため、満足な性交が行えない状態です。
EDには様々な原因がありますが、生活習慣病もEDとは深い関係があります。

EDの原因となる生活習慣病

動脈硬化 勃起は陰茎内部の海綿体に血液が溜ることで起きますが、動脈硬化により血管が硬く、狭くなると、陰茎に充分な血液が運ばれなくなってしまいます。
糖尿病 糖尿病になると、脳からの指令を伝える神経がにぶくなり、脳からの指令が陰茎まで届かなくなってしまいます。
心臓疾患 動脈硬化や狭心症などの心臓疾患になると、心臓から陰茎まで十分に血液が運ばれなくなってしまいます。

EDの治療法

EDの治療には、PDE-5阻害薬(バイアグラ、レビトラ、シアリスなど)による薬物療法を行います。
問診と全身状態に異常が無いのを確認した上で、ED治療薬を処方いたします。

page top