086-525-0018

〒710-0253
岡山県倉敷市新倉敷駅前3-3

内科・糖尿病科・循環器科・泌尿器科
在宅療養支援診療所

岡山県 内科 倉敷市 生活習慣病 糖尿病 動脈硬化 玉島

ホームクリニックのご紹介診療のご案内医師のご紹介交通案内

生活習慣病

活動報告
まび記念病院
HOME»  生活習慣病

生活習慣病とは

生活習慣病とは

生活習慣病とは、「食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒などの生活習慣が、その発症や進行に関与する疾患群」と定義されています。
以前は「成人病」と呼ばれていましたが、1997年に「生活習慣病」と名称変更されました。

代表的な病気は、肥満症、糖尿病、高血圧、脂質異常症などです。

生活習慣病の特徴

1.
気付きにくい
自覚症状がほとんど無いため、生活習慣病の進行に気付きにくいです。
2.
合併症を招きやすい
放っておくと、様々な合併症の危険性があります。
3.
いくつも重なりやすい
特に軽いものが重なると見過ごされがちです。

生活習慣病は動脈硬化を引き起こし、心臓病や脳卒中につながります。
当クリニックでは、経験豊富なスタッフが生活習慣病を防ぐ指導を行っています。

動脈硬化

生活習慣病は、動脈硬化を通じて色々な臓器障害につながります。

生活習慣(喫煙・肥満・ストレス・運動不足)高コレステロール血症・高脂血症高血圧糖尿病遺伝的素因

↓

生活習慣(喫煙・肥満・ストレス・運動不足)

↓

脳卒中(脳血栓・脳梗塞・脳出血・くも膜下出血・一過性脳虚血発作)脳血管性痴呆心臓病(心筋梗塞、狭心症、心不全、心肥大)動脈瘤閉塞性動脈硬化症腎臓病

糖尿病

血糖値がどのくらいになると糖尿病になるでしょうか?

空腹時血糖値 126mg/dL以上
食後血糖値、ブドウ糖負荷試験2時間値 200mg/dL以上

※診断を確かなものにするために、別の日にもう一度血糖値を測り判断します。

社会環境と2型糖尿病の発症

肥満
過食・偏食
運動不足
ストレス
→
環境的素因
インスリン抵抗性
インスリン分泌不全
→
2型糖尿病の発症

増え続ける糖尿病

糖尿病実態調査 (厚生労働省 2002年)
糖尿病実態調査
(厚生労働省 2002年)

糖尿病の問題点

細小血管障害の発症 → 著しいQOLの低下

網膜症による失明
(年間3,500人以上 失明原因の第1位)
腎症による透析
(年間14,350人以上 透析原因の第1位)

動脈硬化性疾患(大血管障害)の発症 → 生命を脅かす

虚血性心疾患の発症
(8.9 / 1,000人・年、健康人の5~6倍)
脳血管障害の発症
(7.8 / 1,000人・年、健康人の3~4倍)

厚生労働省統計調査、日本透析医学会統計調査より

糖尿病は健康寿命を15年短縮させる

心筋梗塞発症率の比較

男性女性

糖尿病あり、なし間の発症平均年齢の差

  男性 女性
心筋梗塞/総死亡 14.6 14.2
心筋梗塞/脳卒中/総死亡 15.1 14.6

カナダ・オンタリオ州の20歳以上の住民について、1994年から2000年の間における、心血管イベント発症状況を、糖尿病の有(n=379,003)無(n=9,018,082)別に調査した。

Booth GL. et al.: Lancet,368,29,2006.

高血圧

血圧は、上昇するにつれて脳卒中や心臓疾患を起こしやすいのです。
塩分をとり過ぎると体液が増え、また、それを排せつしようとして血圧が上がります。

高血圧と診断される基準値
いずれか一方が該当すれば高血圧です。

収縮期血圧 140mmHg 以上
拡張期血圧 90mmHg 以上

日本高血圧学会:高血圧治療ガイドライン2004年版

日本の高血圧の人口は約3,500万人

日本の高血圧の人口は約3,500万人

年代別高血圧者の割合

厚生労働省:第5次循環器疾患基礎調査、平成12年

血圧の高さに応じて血管合併症のリスクは増加します

収縮期血圧と血管合併症の関係

収縮期血圧と血管合併症の関係

拡張期血圧と血管合併症の関係

拡張期血圧と血管合併症の関係

清原 裕ほか:日本臨牀 50(増刊号「高血圧」上巻):204、1992

冠動脈疾患による死亡リスクと血圧の関係

収縮期血圧

収縮期血圧

拡張期血圧

拡張期血圧

Lewington.S,et al.:Lancet 360:1903,2002

血圧分類別にみた脳梗塞発症率

血圧分類別にみた脳梗塞発症率

日本高血圧学会高血圧治療ガイドライン2004年版

脂質異常症(高脂血症)

日本におけるエネルギー摂取の変化

日本におけるエネルギー摂取の変化

動物性脂肪・単純糖質の摂りすぎ

廣部 一彦:Modern Physician 23:1201-1204,2003
厚生労働省:平成12年国民栄養調査

脂質異常症と診断される基準値

LDLコレステロール 140mg/dL 以上
HDLコレステロール 40mg/dL 未満
トリグリセリド 150mg/dL 以上

動脈硬化性疾患診療ガイドライン2007年版、日本動脈硬化学会

日米の総コレステロール値の年次推移

日米の総コレステロール値の年次推移

米国:米国国民健康調査(NHES)/米国国民健康栄養調査(NHANES)
日本:第3次/第4次/第5次厚生労働省循環器疾患基礎調査(1980年/1990年/2000年)
大島 他:動脈硬化 1:101-108,1973 / 沖田 他:Jpn Circ J 29,505-510,1965

愛媛前向き疫学調査:血清脂質と虚血性心疾患発生率

総コレステロール

総コレステロール

トリグリセド

トリグリセド

Kukita H and Hiwada K:Therapeutic Res 14:59-65,1993

page top